税理士試験 5科目一発合格を目指す!

 他業界で働きながら5科目合格を目指して受験勉強再開中。平成30年(第68回)の試験で一気に官報合格します。

スポンサーサイト 

 

tb: --   cm: --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事のカテゴリ: スポンサー広告

tb: --   cm: --

このページの一番上へ移動する

法人税 年内カリキュラムの四分の一終了 

 

少しずつ学習カリキュラムを追いかけています。

法人税は年内30講義のうち7講座分まで終了。
計算問題集1-1(年内4冊中の1冊)も一回転完了。

所得税は年内30講義のうち3講座分まで受講終了。
まだ,問題集までは手が回らず,
理論暗記は配当所得,収入金額の計算の通則まで。
あとはこれから復習。

消費税は年内15講義のうち5講座まで受講終了。
まだ,問題集と理論暗記は手が回らず。

引き続き淡々と取り組んでいきます。
さて,仕事に行かなくては





(追伸) ブログランキングに参加しています。

 ↓  よろしかったらクリックをお願いします。



にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ


にほんブログ村


スポンサーサイト

記事のカテゴリ: 総論

FC2テーマ: 税理士試験受験生 - ジャンル: 就職・お仕事

tb: 0   cm: 0

このページの一番上へ移動する

約1ヶ月遅れを追いかける 

 

前回の投稿のとおり,学習を始めています。
週2回の授業がある科目(法人税,所得税)は8回分,
週1回の授業がある科目(消費税)は5回分,
それぞれ遅れている状況です。

以前はとりあえず授業だけ聴いて
わかったふりをすることでごまかしてきましたが,
今回は先生の指示どおり,
理論の暗記もしながら進めていますので,
そう簡単には追いつきません。

うっすらと覚えた状態になるのは早いんですが,
完璧に覚えきって書けるようになるのは
結構時間を費やすものですね。

11月末までに追いつく予定で淡々と進めていきます。

ではまた ^^)/
受験生の皆さん,ともに頑張りましょう!


(追伸) ブログランキングに参加しています。
 ↓  よろしかったらクリックをお願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

にほんブログ村

記事のカテゴリ: 専門学校

FC2テーマ: 税理士試験受験生 - ジャンル: 就職・お仕事

tb: 0   cm: 0

このページの一番上へ移動する

学習開始しました 

 

ようやく実際の学習を再開しました。
課税所得の範囲と各事業年度の所得についてです。

実は,以前の学習では,理論を手抜きして
真剣に覚えきろうとしていなかったんですね。

内国法人を5つに分類する意味も目的も理解せずに
単に丸暗記していただけでしたので,
きれいさっぱり忘れていました。

初心に返って学習し直しします。

今はスマホでも講義を聴くことができて便利ですね。
倍速で聴ける機能もついているので
予想外のちょっとした空き時間に威力を発揮してくれそうです。

記事のカテゴリ: 法人税法

FC2テーマ: 税理士試験受験生 - ジャンル: 就職・お仕事

tb: 0   cm: 0

このページの一番上へ移動する

まずは,計画を立てる 

 

複数科目を受験するに当たっては,
学習を計画的に進める必要があります。

思いつきで場当たり的に行うと
自然忘却に任せることになり,
学習効果が損なわれるからです。

今までの失敗から学び,
今回は効果的な学習を進めていきます。

参考にした本はこちら
成功の教科書

記事のカテゴリ: 総論

FC2テーマ: 税理士試験受験生 - ジャンル: 就職・お仕事

tb: 0   cm: 0

このページの一番上へ移動する

所得税法も受験モードで初勉強 

 

平成30年の試験受験に向けて,
というよりは独立開業してからの必要性を考え,
所得税法も学習することにしました。

相続税は学習経験がありますが,
それを受験科目にするのも
私の環境には合ってないかなと思いました。

どの事務所でも,誰と関わるときでも,
必要な税法は
消費,所得,法人
であると考えます。

だから,どれも自信を持って勉強した!
といえる状態にしたいので,この3科目を受験科目にすることにしました。

一般的には難しい組み合わせらしいですが,
決めた以上,実践あるのみです。

記事のカテゴリ: 所得税法

tb: 0   cm: 0

このページの一番上へ移動する

受験生生活を再開します 

 

とある事情で数年ほど離れていましたが,
平成30年の試験合格を目指し,
税理士試験受験生生活を再開することにしました。

今回は,税法は大原の通信教育にお世話になることにしました。
初心に戻って一から立て直しです。

簿財は今から市販の問題集潰しで対応可能という計画です。

一応今年(平成29年)の試験も簿財は受けましたが,
数年のブランク明けの直前一週間のみ
総合問題集を1回転させただけで臨みましたので,
結果は明白。

来年に向けて,今から始めます。

記事のカテゴリ: 専門学校

tb: 0   cm: 0

このページの一番上へ移動する

やっぱり、ぶっつけ本番はだめだ 

 

 これまでの受験でさんざん懲りたはずなのに、
またやってしまいました。
失敗だけし続けて、実は何も学んでいない
(反省を活かしていない)ということを思い知ることになったのです。

 先日あるセミナーで講師をしてきました。

 よりよいものにしようという心構えで臨んだのですが、
あれこれ詰め込もうとしすぎて時間配分を誤ったため、
話す練習も台本作成も魅せる資料作成も
なにもかも間に合わずに
結局は準備不足のためぶっつけ本番となってしまいました。

 結果として、すべてアドリブで話をしてきました。

 自分の中でもまとまりきれていない部分を
その場で考えながら何とか言葉をひねり出してみましたが、
そういうモードで話していると
観客席がスーッと引いていくのがわかるんですね。

 しかも、そのときは、意味のない
「あー」「えー」「要するに」
という無駄な言葉が多くなったようです。
(後で指摘されました。)

 話し終えた後、後悔しきりでしたが、
この構図って、どこかで体験したなと
即座に思ったのです。

 そうです。
税理士試験の現場で何度も起こしたことと全く同じです。

 セミナーではテーマは自分で好きなように選べますが、
試験では何を話すかを自分で決められない
(聞かれていることだけに答えるしかないという意味で)
ということが異なるだけで、
対策しておくべきことはすべて一緒だと実感しました。

 理論問題なら、
理論の題名がセミナーでいうテーマやタイトルに当たるわけです。
(例えば、消費税なら「1-1 課税の対象」がそれです。)

理論マスターに100題載っているのなら、
セミナーを100本できるように準備しておく必要があることになります。

 試験なら、あらかじめ想定問答を覚えておきます。
理論ドクターや答練がその問答の「問」にあたり、
理論マスターはその問答の「答」にあたる、
といったところでしょうか。

実際に答案を書くときは、問題文の言い回しに応じて
その想定問答のどこを書くかについて取捨選択します。

 セミナーでいえば、
話すテーマとその関連事項についての台本をあらかじめ用意します。
それをすべて頭に入れておいた上で、
お客様の反応を見ながら、適時に述べることを取捨選択する
ということが必要になります。

 全く同じ行程だと思うのです。
ならば、セミナー講師としてよい評価を得るためのノウハウは
税理士試験に合格するためのノウハウとして流用できるのではないか。

 そんなことを学んだ一日でした。

 根本的に考え方の癖、行動の癖、時間配分の癖を棚卸ししてみます。
今なら、まだ間に合わせられると思います。



(追伸) ブログランキングに参加しています。
 ↓  よろしかったらクリックをお願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

にほんブログ村


記事のカテゴリ: 雑談

FC2テーマ: 平成26年(第64回)税理士試験受験生集まろう! - ジャンル: 就職・お仕事

tb: 0   cm: 1

このページの一番上へ移動する

転職(転職場)するかも 

 

 また少しブログの更新を止めてしまいました。
せっかく1ヶ月続いたのに残念!

 全く関係ないといわれればそれまでなんですが、
就職活動を始めました。

併せて、セミナー講師をすることになり
(単発ですが。)その準備も始めたので、
正直なところ、
ブログのことは頭からすっぽり抜けてしまっていたのです。

 今の環境にいても、実務経験という意味では頭打ちなので、
(職場のみを変える)転職は二年ほど前から考えており、
実際にその活動もしていました。

 本来はこの業界の中で
より高度な経験を積めるところに移りたいところなのですが、
科目合格もなく、実務経験の範囲に乏しい状態では
なかなか面接までたどり着けないのが現実です。

 まずは、アルバイトの口を探して、
もし、その口が複数見つかり、近い将来(半年以内に)
今の収入以上のものが得られる見込みが立てば、
アルバイトを掛け持ちして生計を立てていく
ことになるかもしれません。

 そのアルバイトですが、職種は塾講師です。

 おもしろいもので、
その業界は十数年前に離れたのですが、
今応募しても、入れ食い状態で引き合いがあります。

申し込みさえすれば
「即面接しましょう。」
といっていただけるのです。
これには私自身がビックリ(゜Д゜)

門前払いを見越して一気に二十社くらい応募してしまったので
いくつか申し込みを辞退する羽目になりました。

 十年以上もいる今の業界からは
まったく(といっていいほど)見向きもされないのに、
それなりの肩書きを持っている分野では必要とされるんですね。

 なんといいますか、
「人は見た目が9割」
ということなのでしょうか。

 いずれにせよ、
現状で必要とされている分野があることはわかりましたので
実際に講師職に複数の採用があり、
講座を持てることになるならば、

・当面の生活費を稼ぐ口を変える(転職場する)
・稼いだ分、より効率よく時間を生み出せるよう投資をする
 (有料自習室、通信講座受講、テキストを自炊してPDF化など。
  株とか外貨預金とかFXという投資ではありません。)
・税理士試験に合格したら、即開業する

という流れで進めることになるかもしれません。

 正直なところ、怖い面もありますが、
どうせ独立するのですから、
さっさとそういう道に進んでしまうのもありでしょう。

 もっとも、
もしこの流れで来年5科目合格して、開業しちゃったら、
おそらく、日本で唯一の経歴による税理士になるでしょうね。

なんか楽しみ。



(追伸) ブログランキングに参加しています。
 ↓  よろしかったらクリックをお願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

にほんブログ村


記事のカテゴリ: 雑談

FC2テーマ: 平成26年(第64回)税理士試験受験生集まろう! - ジャンル: 就職・お仕事

tb: 0   cm: 2

このページの一番上へ移動する

基本が大事 

 

 走って足が痛くなるのは、かかと着地だから。

 左の膝が痛くなるのは、右の太ももとふくらはぎが硬いから。

 デスクワークで肩や首が凝るのは、姿勢が悪いから。

 結局、姿勢、動作の基本をおろそかにしていると、
痛くてどうしようもない、
自力ではどうにもならない状態を迎えることになる。

 健康にだけは自信があったのに、
それが揺らいでしまったここ2ヶ月です。
実は、試験直前から。

 階段は上りも下りも一段ぬかしが当たり前だったのに、
左膝が痛くて、そこから崩れ落ちるので、
ギプスをして歩いているような動作しかできなかったのです。

 手遅れになる前に、
相性のよい整体師さんと出会えて
難を逃れました。

 その出会いは、痛みを発症する3ヶ月前からです。
こんなところでも、事前準備の大切さを痛感した次第です。

 みなさまも、お気を付けあれ!

(追伸) ブログランキングに参加しています。
 ↓  よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

記事のカテゴリ: 雑談

FC2テーマ: 平成26年(第64回)税理士試験受験生集まろう! - ジャンル: 就職・お仕事

tb: 0   cm: 2

このページの一番上へ移動する

相続税の申告書の(理論を書く上での)原則と特則 その4 

 

 昨日の続きです。まず、疑問を再度掲載します。

といっても少し問題文(の聞き方)を変えます。

1 何申告書を出す? その根拠法は何?

(1)問題

事例

(前提)相続税法 3条1項2号

 死亡者(被相続人)が生前勤めていた会社から、
相続人に対して支給される死亡退職金は、
相続人が相続により取得した財産であると見なされる。
(つまり、相続税の課税対象となる。)

 その死亡退職金は、
被相続人の死亡後三年以内に支給が確定したもの
であれば課税対象になる。

(疑問)

 死亡退職金が被相続人の死亡後10ヶ月を超えて確定し、
相続人がその支給を受けた場合において、
次のそれぞれのときに

  • 提出すべき申告書は何か。
  • 延滞税は課されるか。
  • その法令根拠は何か。
を述べなさい。

  1. その死亡退職金を受ける前は、申告書を出す必要がなかったが、
    その死亡退職金の支給を受けたことにより
    申告義務時生じることとなったとき
  2. もともと期限内申告書を提出していたとき

(2)解答

  1. 国税通則法の期限後申告書を提出することができる。
    延滞税はかからない。
    (法令根拠)
  2. 国税通則法の修正申告書を提出することができる。
    延滞税はかからない。
    (法令根拠)

※ それぞれ法令根拠の5番目はいらないかもしれません。
 設問の事例は、
そこに限定列挙された要件(内容は相続税法32条1項1号~6号
に当てはまらないから

 国通法の規定により申告書を提出できる
 ということを明確にするために入れたものです。

  ただし、理論問題の解答としては、
 上記太字の理由を明記しないと、
 わかっていないのでただ規定を羅列しただけととられかねません。

2 まとめ

(1)通常の場合(期限内申告書)

  • 人が死んで、相続人が財産をもらうと、もらった人に納税義務が成立する
  • 死亡者の財産の合計額が一定額を超えると期限内申告書を提出しなければならない

(2)課税価格や税額が変わった場合(是正手続き)

〔1〕納税者に落ち度がある場合
  ~ 納税者の都合により次のことがあった場合 ~

国税通則法の「○○申告」または「更正の請求」(の原則)の適用がある

  • 出すべき期限内申告書を出していなかったとき

    期限後申告書を提出できる

  • 申告書は提出していたが、
    1. 計算ミスなどで税額を少なく申告していた

      修正申告書を提出できる。

    2. 計算ミスなどで税額を多く申告していた

      更正の請求をして還付してもらうことができる。

〔2〕納税者に落ち度がない場合
  ~ 他の法律等に従った結果、やむを得ず次のことがあった場合 ~

相続税法の「○○申告」または「更正の請求」の特則の適用がある
 ※ 具体的な要件は、相続税法32条1項限定列挙されている。

  • 新たに期限内申告書を出すべきことになったとき

    期限後申告書を提出できる

  • 期限内申告書は提出していたが、
    1. 計算ミスなどで税額を少なく申告していた

      修正申告書を提出できる。

    2. 計算ミスなどで税額を多く申告していた

      更正の請求をして還付してもらうことができる。

3 理論問題対策

 といっても、特別なことはないと思います。
常に、その処理や手続きは何を根拠にしなければいけないのか?
と自問自答することでしょう。

 正直に申し上げて、私は直前期に入るまで、
相続税の申告や是正手続きの整理が曖昧でした。

ここ数日取り上げたことは頭の中で混乱しており、
国通法の規定はいつ書けばいいのか、
税額が増えたらとにかく(相続税法の)修正申告の理論を書いておけばよし、
なんてていたらくでした。

 ましてや
● 生命保険契約に関する権利
● 納税猶予
● 物納、延納
あたりは、もちろん(威張っていうことではありませんが)
理解が甘く、とりあえず最低限の丸暗記でお茶を濁していました。

 やはり、基礎的な概念や仕組みの理解は
どんなに遅くとも、4月まで
(いわゆる直前期が始まる前)
に完成させておかないと、運を天に任せすぎ、
って状態で試験を向かえることになってしまいます。

 今年は期せずして、受験科目はすべて
途中で投げ出さずに一年を通じて習ったことがある
という状態になりました。

 ブログランキング1位を独走するkaterさんを見習って
できることは前倒しして試験対策をしていきます。

 ブロとものpanchan1さんの記事に触発されて
ここ数日申告関係を掘り下げてきました。
おかげさまで、備忘記録にもなり、
もし間違えたことをいってたら、きっと誰かが指摘してくださるでしょうし、
少しは意味のあるものが残せたかなと思います。

 お二人にはこの場を借りてお礼を申し上げます。
ありがとうございました。
これからも更新を楽しみにしています。私も負けずに。

(追伸) ブログランキングに参加しています。
 ↓  よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

記事のカテゴリ: 相続税法

FC2テーマ: 平成26年(第64回)税理士試験受験生集まろう! - ジャンル: 就職・お仕事

tb: 0   cm: 0

このページの一番上へ移動する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。