税理士試験 5科目一発合格を目指す!

 某会計事務所で働きながら5科目合格を目指して受験勉強中。平成26年(第64回)の試験で一気に5科目をGet予定。(予定は未定)

スポンサーサイト 

 

tb: --   cm: --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事のカテゴリ: スポンサー広告

tb: --   cm: --

このページの一番上へ移動する

することを増やすのはいいが 

 

 仕事を取り巻く環境が大きく動きつつあります。
その流れに無邪気に身を任せると
勉強がおろそかになりそうです。

 今日読んだり解いたり覚えたりしたことは
明日も(最低限)触れておくことくらいはしておかないと
週末には忘却の彼方です。

 交通整理して様々な問題に取り組みます。
それを支える根本はなんといっても体調です。
やっぱり、健康第一ですね。

 さあ、今日も一日頑張りましょう!

(追伸) ブログランキングに参加しています。
 ↓  よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

記事のカテゴリ: 総論

FC2テーマ: 平成26年(第64回)税理士試験受験生集まろう! - ジャンル: 就職・お仕事

tb: 0   cm: 0

このページの一番上へ移動する

結局、試験勉強に重要な視点は 

 

 何を勉強するかではなく、
いつどのタイミングで勉強するか
がすべてであると思っています。

 事実上、ほぼすべての人が
教材は大手専門学校のものを使うことが前提なのですから、
それならば学習範囲が不足して勝負にならない
ということはないはずです。

 ※ 赤信号 みんなで渡れば 怖くない
    の原理です。

 それが正しいか、間違っているかが証明されるのが
来年の8月(正確には12月か。)ということです。

 今日も一日、自分の役割に取り組みましょう。

(追伸) ブログランキングに参加しています。
 ↓  よろしかったらクリックをお願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

記事のカテゴリ: 総論

FC2テーマ: 平成26年(第64回)税理士試験受験生集まろう! - ジャンル: 就職・お仕事

tb: 0   cm: 0

このページの一番上へ移動する

理論問題は、まず自分で書いてみる 

 

 あまり大きな声では言えませんが、
実は専門学校の理論問題の解答には

と思うことがたまにあります。
実際、本試験の解答速報が
専門学校によってかなり割れていることがありますし。

 これを書くの? あれを書かないの?
というレベルの回答内容そのものについて、というよりも、
その専門学校の指導方法の立場を守るために
解答要求事項に素直に向き合っていないなー、
と思うことがあるということです。

 端的に申し上げると、
解答の概要は書くべきでしょ!
ということです。
特に、「~の概要について述べなさい。」なんていうときは。

 まず、結論とその概要を書き、その後具体的な法令根拠を書く、
という書き方を求められているのではないかと思うのですが、
税目によって、そこの考え方が異なっています。

 理論マスターのタイトルをただ羅列していくという方式は
(それでも受かるんならそれでいいじゃん、という考え方もありますが)
いかがなものか、と思うのです。

 (専門学校の指導方法からいえば)
余計なことまで書くのなら、
当然個別理論の内容そのものは
素早く書ける状態にしておかないといけませんので、
それだけ事前の準備が大変なのですが。

 専門学校の理論の回答であっても、あくまでも参考資料にすぎず、
自分なりの構成でも書いてみる練習をした方がいいのかなという仮説をたてています。
今年はそういうことも意識して取り組んでいこうと思います。

(追伸) ブログランキングに参加しています。
 ↓  よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

記事のカテゴリ: 総論

FC2テーマ: 平成26年(第64回)税理士試験受験生集まろう! - ジャンル: 就職・お仕事

tb: 0   cm: 0

このページの一番上へ移動する

8月も終わる 

 

 本当に3週間ほど前に試験を受けてきたんだっけか?
と思うほど、感覚的には遠い彼方になりつつあります。

 もう新しい段階に入っているということです。
昨年までどうしていたか、などということはもはやどうでもよく、
今年は今年の風が吹くという心境です。

  • どんな方法で覚えるか
  • 何を学習対象にするか
を試行錯誤して見つけていこうとしています。
特に5科目受験はアドバイスを求められる先輩がいないので
自ら実験台としていろいろ試すしかないんですよね。

 アイディアを形にする(いわゆる結果を出す)方法を模索中です。

 今日も平成26年試験の合格を目指してともに頑張りましょう!

(追伸) ブログランキングに参加しています。
 ↓  よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

記事のカテゴリ: 総論

FC2テーマ: 平成26年(第64回)税理士試験受験生集まろう! - ジャンル: 就職・お仕事

tb: 0   cm: 2

このページの一番上へ移動する

今も試験直前も、同じ一日。 

 

 毎年、試験日直前になると
あれもやってない、これもやってない
とうろたえていたわけですが、
直前期であろうが、今の時期だろうが、
一日は24時間なんですね。

 もちろん、気持ちの高ぶりなど
感覚的には全く異なるわけですし、
自ずと集中力に違いがでますから、
時間あたりの成果は異なるのでしょうけれども

  • あれもまだ、これもまだできていない
     → 何を捨てて、どこだけ覚えようか
  • ほぼ覚えたけど、今日も全範囲をざーっと確認してみようかな
     → これもできる、あれもできる。気持ちいい!
というように心境の違いがあると、
戦う前から勝負あった! という感じです。
人事としてとらえてみると、どちらが勝つ人なのかは明らかですね。

 そのためには、

  • 早いうちからできること
  • しなければいけないこととわかっていること
ならば、さっさと取り組んでしまうことに限ります。
理論マスターの暗記や個別問題の練習などがこれですね。

  灘高校の英語の先生として知られているキムタツさんいわく、

「0.3秒で口をついて出てこないものは、覚えてないものと考えよ。」
「発音できない単語(熟語)は聞き取れない。」
だそうです。(意訳しています。)

 そうであるならば、
私は、理論は一問たりとも覚えていかずに試験を受けていたようなものです。
あまりにも、自分に甘すぎました。
さっさと覚える手続きを進めていくに限ります。

 今日も平成26年試験の合格を目指してともに頑張りましょう!

(追伸) ブログランキングに参加しています。
 ↓  よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

記事のカテゴリ: 総論

FC2テーマ: 平成26年(第64回)税理士試験受験生集まろう! - ジャンル: 就職・お仕事

tb: 0   cm: 0

このページの一番上へ移動する

理論マスター受け取りました。 

 

 来週には、9月開講の講座に通われる方の授業が
ほぼ始まることになります。
私は年内は授業は受けずに
過去教材と外販問題集(特に消費税)を使っていくことにしました。

 事前に一部はプリントアウトはしていますが、
注文していた理論マスターの現物が届きました。

 昨年までとは

  • ● 表紙のデザイン
  • ● 各柱ごとの重要度が明示されていること

が異なりますね。

 先んじて(昨年分に積み残しともいいますが。)
理論の暗記を継続中です。ともに頑張りましょう!

(追伸) ブログランキングに参加しています。
 ↓  よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

記事のカテゴリ: 総論

FC2テーマ: 平成26年(第64回)税理士試験受験生集まろう! - ジャンル: 就職・お仕事

tb: 0   cm: 2

このページの一番上へ移動する

理論暗記は、目次から。 

 

 人それぞれ、いろいろな記憶法があると思いますが、
私はまず目次を覚えていくことから始めます。

  • まず、目次の大見出しだけ覚えようとする。
  • 大見出しを覚えたら、中見出しを覚えようとする。
  • 中見出しを覚えたら、小見出しを覚えようとする。
  • 小見出しを覚えたら、本文のキーワードを適当に拾って覚えようとする。
  • キーワードから連想して本文が再現できるようになるまで、
    そのキーワードを増やすようにしていく

 こんな要領です。
覚えようとするところ以外も、眺める(ただ読む)くらいのことはします。
毎回最初から順番に見ていき、
結果として覚えてしまうまでこれを淡々と繰り返すのです。

  • 今日は第1章を覚え
  • 明日は第2章を覚え・・・
というのではなく、

  • 今日は第1章を覚え
  • 明日は第1章を覚えているかどうかを確認してから第2章を覚え・・・
という手順です。

 つまり、ある範囲を覚えきってから次に進むのではなく、

  • 昨日までに覚えようとした部分を覚えているかどうかを確認する
  • 忘れていたら再度覚えようとする
  • 今日のノルマ部分を覚えようとする
というように、覚えきるまで薄く短時間で延々と繰り返すようにします。

 ここで気をつけていることは、やる気が継続するように、
各作業において制限時間を設けることです。

 例えばタイトルを10個覚えるのに5分までと決めたら、
覚えきろうが覚えきれなかろうが、5分たったら次の作業に進む、
ということです。

 覚えきれなくても、どのみち翌日もう一度見直します。
短時間で切り上げていかないと
広範囲に手を付けていくことは出来ません。

 結局覚えきれずに、そこが出題されて回答できず、
ということがあったので、その対策のために考えました。

 受験経験のある私にとっては、
いわゆる柱挙げの練習になるのでしっくりきます。

 今日も淡々と(かつ、張り切って)覚えていきましょう!

記事のカテゴリ: 総論

FC2テーマ: 平成26年(第64回)税理士試験受験生集まろう! - ジャンル: 就職・お仕事

tb: 0   cm: 0

このページの一番上へ移動する

自分のことばでまとめ直すって、以外に大変 

 

誰に向けて、どんな表現をするのか

 このブログは開設以来、

  • そのとき思いついたことの備忘録
  • 適当にいいたいことをただ書き連ねたもの

に過ぎないわけですが、
まともな情報発信もしたいと考えています。

 主に、

  • 勉強法
  • 各税法をともに学ぶ
  • 会計処理にExcelを活用する具体的な方法
  • パソコン操作を自動化するための具体的な方法

というテーマのものならすぐにでも提供できます。

 ただし、読む側の役に立つものができるかどうか
という視点で見つめ直すと、

  • 勉強法
  • まだ合格していないので説得力がない
  • 各税法をともに学ぶ
  • 専門用語をどこまで入れるか、誰を対象にするのか
  • 会計処理にExcelを活用する具体的な方法
  • 操作画面の画像をどうやって取得するか
  • パソコン操作を自動化するための具体的な方法
という、表現力の問題にぶつかります。

 頭の中でもやもやしている状態のものを
どんな形でもよいので紙に書き出してみると
具体的に何をすればよいかがわかってきますので、
少しずつ取り組んでいきます。

 ちなみに、上記すべての情報発信を
このブログで行う、というわけではありません。
「各税法をともに学ぶ」コンテンツ以外は
それぞれ別々のサイトを立ち上げて行うつもりです。
そのほうが、見る側の利便性がよいと思うからです。

 それにしても、
この学んだことを簡潔な表現にまとめることが、
難しいのなんのって。

人のセミナーを聞いてだめ出しするのは簡単ですが、
いざ、自分が行う立場で準備しようとするだけで
いかに大変なものであるかと実感します。

 例えば、法人税法第22条を勉強したとします。
これをどう人に説明するか?

同じことを説明するにしても

  • 誰を対象にするか
  • どこ(どの範囲)まで踏み込むか
  • 使える時間、文字数はどれだけか
という切り口で、結果(表現)が変わってきます。

税務は素人の取引先に伝えるなら

 対象者を取引先(税理士の顧問先)とするならば、
専門用語や細かい正確性にとらわれずに
なるべく短く表現することが求められるでしょう。
相手になじみやすいたとえ話も積極的に使ってもいいでしょう。

税理士受験生に伝えるなら

 対象者が税理士受験生なら、
上記に加えて、専門用語を正しく使うことや
ある程度の正確性に配慮することが必要でしょう。

 ※ 正確性とは、ここでは税法の条文そのままの表現をしなくても、
   その趣旨を変えない範囲で異なった表現ができるなら
   それもよしとする、という意味で使っています。

試験委員に伝えるなら

 対象者が試験委員なら、

  • 超がつく専門家相手であり
  • 採点基準も明かさない
  • 模範解答を示さない
  • 問題出し逃げが許される
という、いわば全能の存在ですから、
冗長な説明は一切不要です。

専門用語を駆使して、
可能な限り条文に沿った表現を使うのがよいでしょう。
(気持ちの上では)プロとプロとの戦いです。

(素人目線での)わかりやすさを求めて自分の言葉で書くよりも、
あらかじめ準備したテンプレート
(理論マスター、ドクター、理論サブノートなど)
に沿って書くのが合理的だと考えられます。

 来年の受験に向けて、
どんなに遅くとも平成26年4月まで
(いわゆる直前期が始まるまで)
には全理論を覚ることを必須とし、

並行して応用問題を書くための
練習の時間をとることを計画にいれて取り組んでいます。

 平成26年の試験の合格発表後は、
このブログが合格体験記となることを目指して。

記事のカテゴリ: 総論

FC2テーマ: 平成26年(第64回)税理士試験受験生集まろう! - ジャンル: 就職・お仕事

tb: 0   cm: 0

このページの一番上へ移動する

理論マスター(PDFファイルつきで)、買いました。 

 

 先日の記事でも触れましたが、
その時点ではわからなかった
お得なPDFファイルとのセット販売
の情報がありましたのでお知らせします。

 すでに来年の試験用の理論マスターが
新宿の紀伊國屋書店、神保町の三省堂書店など、
一部の実店舗で発売されています。
もちろん、実店舗で購入できるものは、書籍版のみです。

 今回のおすすめは、
TACの書籍販売サイト限定で
PDFファイルとセットになったもの。

 なんと、40%引きで、1科目2,016円(税込・要会員登録)ですよ!!
 ※ ちなみに、書籍版だけなら 1科目1,680円(税込・非会員価格)です。
   会員は10%offになりますが、送料が発生するかもしれません。

 もちろん、

  • PDFファイルはいらない
  • 9月から講座に申し込む

という方にとっては、何のメリットもありませんが
(前者は、ただ高くなるだけ、後者は書籍版が配布されるので)

  • パソコンやタブレットでもみたいので、できればPDFファイルも欲しかった
  • でも、ダウンロード版も買うとほぼ2冊分かかるし、高くつくなぁ

という、私と同じような要望がある方にとってはおすすめです。

 以上、お知らせまで。(もちろん、私はすでに注文しました。)

TAC理論マスター
 書籍&ダウンロード版セット(下記4科目のみです。)
  会員価格 40% off 2,016円
(本体価格+税)
      定価 3,360円(本体価格+税)

 なお、ご購入の際は先に会員登録をされることをおすすめします。
(非会員だと割引がきかず、送料もかかるため。)



(追伸)
大原の理論サブノートもオンラインストアで販売開始されました。

記事のカテゴリ: 総論

FC2テーマ: 平成26年(第64回)税理士試験受験生集まろう! - ジャンル: 就職・お仕事

tb: 0   cm: 2

このページの一番上へ移動する

税理士はどの教材で学ぶのでしょうか? 

 

 専門知識を学ぶ教材は何を使うのでしょうか?

 受験生の間は専門学校(OとかTとか)の教材が事実上の標準的な教材だと思いますが、
税理士になってからは何を使うのでしょうか?

 まさか、専門学校の教材を買うはずがないし、
(実務にすぐ役立つとも思えませんし)
市販の本がメインとも思いたくはないです。(高いので。)

 ましてや、税理士みんなが条文を読み解いているなんてことは、
もっと思いたくはないです。

 税理士会で税理士向けの何かがあるんですかね。
あるのならばぜひ見てみたいものです。

 万一これをご覧になった方でご存じであれば
教えてくださいませんでしょうか?

記事のカテゴリ: 総論

FC2テーマ: 平成26年(第64回)税理士試験受験生集まろう! - ジャンル: 就職・お仕事

tb: 0   cm: 0

このページの一番上へ移動する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。