税理士試験 5科目一発合格を目指す!

 他業界で働きながら5科目合格を目指して受験勉強再開中。平成30年(第68回)の試験で一気に官報合格します。

と思ったら、一難去ってまた一難 

 

 つかんだと思ったら別の問題が発生しました。
こうすればよいというコードは、それが解決したらアップします。

 問題点は次のとおりです。

● ウィンドウには親子関係があるようで、
 単純にGETID(タイトル名)では取得できないものがある

● それが、親ウィンドウを最大化しているときと、
 そうでないときで挙動が変わるようだ

 具体的にいいますと、

● 弥生会計を起動し、ウィンドウを最大化してから
 残高試算表を開きます。(ここまでは問題なし。)

● ただし、その残高試算表のウィンドウが
 GETID("残高試算表")では取得できないのです。

● 結果として、そのウィンドウに対しキーコードが送れないので、
 残高試算表は制御できない状態です。

 今は比較的負担の少ない時期だからいいようなものの、
これが12月に入ってからだと厳しいです。

 ちょうど週末を迎えるところですので、
明日は完成させますよ。
(また努力目標に終わらないように。)
スポンサーサイト

記事のカテゴリ: UWSC

FC2テーマ: プログラミング - ジャンル: コンピュータ

tag: 弥生会計 
tb: 0   cm: 0

このページの一番上へ移動する

やっとコツをつかんだUWSC 

 

 弥生会計の作業を自動化するために
UWSCというフリーソフトを使って
プログラミングをしてきましたが、
次々に浮かんでくるウィンドウ(ダイアログ)を
どう扱えばいいのかがわからずにはまっていました。

 マウス操作によるクリックやキーボード入力は、
いくらショートカットなどの小技を使おうとも、
所詮手作業ですから、
画面の切り替わる速さよりは遅いので問題ないのです。

 しかし、プログラムは桁違いの速さでどんどん進行していくため、
画面の切り替わる速さがコードによるキー操作に追いつかず、
設計通りに動かなかったのです。

 例えば、
●1 弥生会計を起動し(EXEC)
●2 総勘定元帳を開き(ALT + C +M)
●3 1月から3月までを選択して(ALT + O, SHIFT + →→ + SPACE)
●4 月が変わるごとに改ページをして(CTRL + P, ALT S + T, ENTER, TAB, ENTER)
●5 印刷する
という作業を10人分するとします。

 もちろん、マウス操作やショートカットを使ってキーボード入力しても
それなりには速く作業できますし、
数日に1回程度のことなら、
素直にその作業を繰り返してもかまいません。

 現状では、そのプログラムを組むために
情報収集したり勉強したりするのにかかる時間の方が、
圧倒的に大きいからです。

 ただし、そこがまた悩みどころでもあります。
その手作業を続けていても何も進歩はありませんが、
そのプログラムを簡単に組むことができるようになれば、
弥生会計を使う他の場面でも応用ができます。
時間と労力を大きく削減することが見込めるのです。

 とはいえ、今回行き詰まっている問題は
おそらく難しい問題なのでしょう。
肝心な情報はググってもほとんど出てきません。

 こうなると、とるべき態度は次の二つに絞られます。

■ 足を洗って撤退する
■ 自ら実験しながら習得する

数年前は前者を選択しましたが、
今回は果敢にチャレンジすることにしました。

 具体的な解決策は明日の記事にまわします。
 


記事のカテゴリ: UWSC

FC2テーマ: プログラミング - ジャンル: コンピュータ

tag: 弥生会計 
tb: 0   cm: 0

このページの一番上へ移動する