税理士試験 5科目一発合格を目指す!

 某会計事務所で働きながら5科目合格を目指して受験勉強中。平成26年(第64回)の試験で一気に5科目をGet予定。(予定は未定)

スポンサーサイト 

 

tb: --   cm: --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事のカテゴリ: スポンサー広告

tb: --   cm: --

このページの一番上へ移動する

事業承継とは ~ ざっくり 

 

 昨日に引き続き、ざっくりと理解したことをお話しします。

 結果的には、言葉から想像できるとおりのことですね。

 事業承継とは、
「会社の大株主が、子供に、株をあげること」

 これだけです。いや~、なんとシンプル!
これで済めばいいんですけどね。

親「さっさと子供に会社を継がせたい。よし、おまえ、会社を継げ!」
子「じゃあ、株ちょうだい。」
親「よし、わかった。あげる。」

~ピンポ-ン~

税「税務署です。おたくで贈与がありましたね。贈与税いただきま~す!」
親「代替わりするだけなのに、そんなお金を払わなきゃいけないなんて。」
子「じゃあ、やめちゃおうか。」

 これじゃあ、親が生前に子供に会社を継がせたくても、
税負担が大きくて株式を移転できません。
何しろ、財産の移転があれば、必ず贈与税の対象になってしまいますから。

 そこで、その代替わりを経営者の意思に基づいて円滑に進めさせるために
事業を続けるなら、贈与税の納付はしなくていいよ、
相続であっても、相続税は安くしてあげるよ、
という制度を作ったのです。
いわゆる「非上場株式等の納税猶予の特例」の規定です。

 ※ 上場会社の代替わりは、一般には親から子へ
  というわけではありませんからね。
   対象は非上場株式なのです。

 この分野は細かい用語がたくさん出てきます。
実質的に同じことを指すのに、
いちいち言葉が変わるのがややこしい。
もちろん、意味があってのことですから、
なれてしまえばむしろわかりやすいんですけどね。

 納税猶予については、
農地等の納税猶予と似たような仕組みです。

● 相続税にも贈与税にも規定がある
● 贈与税では、移転した株式の価額全体が納税猶予の対象になるが、
  相続税では、移転した株式の価額の8割だけが納税猶予の対象になる
  ※ ただし、移転した株式のうち、一定の部分のみが対象になる
● 贈与税は、事業を続けている間は納税を猶予される
● 贈与があった場合は、贈与者が死亡すると相続税の対象に切り替わる
  (贈与税は免除され、税金計算上は相続により株式を移転したものと考える)
● 事業を継続していることを一定の期間ごとに報告しなければならない。
  (当初5年間は毎年、それ以降は3年ごとに)
● 相続人が死亡すると、猶予されていた相続税は免除される

 今のところ、この程度の理解です。
もう少し復習をして、来週の最後の上級演習に備えます。
 
スポンサーサイト

記事のカテゴリ: 相続税法

FC2テーマ: 資格を取ろう! - ジャンル: 就職・お仕事

tb: 0   cm: 2

このページの一番上へ移動する

少しずつわかる ~ 農地等の納税猶予 

 

●はじめて習ったとき(平成24年12月)


 ま、要するに、納税を待ってもらえるんだな

 いったん理論を暗記したとはいえ、
理解していたレベルは、まあ、こんな感じですね。正直なところ。
とても本当にわかっているとはいえない状態です。



●2,3回テキストを読み返した後(平成25年1月)


 農地は贈与しても、とりあえず贈与税を納める必要なし。へんなの。
でも、相続税の対象になるみたい。

●4,5回テキストを読み返した後(平成25年2月)


 農地は贈与されても、贈与税を納める必要なし。
でも、農業をやめたら納めなければいけないのか。

●6~8回くらいテキストを読み返した後(平成25年3月)


 親から子に農地が贈与されても、贈与税を納める必要なし。
でも、農業をやめたら納めなければいけない。

 農業を続けていて、その親が死んだら贈与がなかったことにされる。
とはいえ、実際にはすでにその農地は子のものになっている。

 つまり、税金計算上、
その農地は親から子に相続で移転したものとして考える。

 だから、相続税の対象になる。

●10回以上テキストを読んで、授業も受けた後(平成25年4月)


親から子へ贈与した時点


 親から子に農地が贈与されても、贈与税を納める必要なし。
でも、農業をやめたら納めなければいけない。

 農業を続けている限りは、親が死ぬまでは税金を取られない。
親が死んだときに相続税をかければ十分だ、
ということのようだ。

親が死んだら


 その親が死んだら、
その農地を相続税の課税対象にする。
相続税の対象にするのだから、贈与税はとる必要がなくなる。
よって、税金計算上、贈与がなかったことにされる。

 とはいえ、実際にはすでにその農地は子のものになっている。
その農地は親から子に相続で移転したものとみなすことになる。

課税価格は?


 土地はいろいろな使い道があるから
(自分専用、人に貸す、農業をするなど)
評価額にもそれが反映されている。

 で、宅地は農地を造成してつくるものと考える、
と教わったっけ。つまり、
(宅地)=(農地)+ (造成費)

 ということは、農地として使いつづけるなら、
その土地の通常の評価額は高すぎる。
実際には造成費なんてかかっていないのだから。

 だから、この(いわば)評価割り増し部分についてかかる
相続税額は納めなくていいよ、
ということになっているのか。

 ほんとは土地全体について相続税がかかっているけど、
農業を続ける限りは、割り増し部分については納付しなくてよいから
納付をまってもらえる、つまり、猶予してもらえる
と考えるのね。

・・・

 やっとすこしわかってきたといえるかな、
といった状態です。

 専門家として人に自信を持って説明することができるようになるためには、
もっと勉強が必要です。


記事のカテゴリ: 相続税法

FC2テーマ: 資格を取ろう! - ジャンル: 就職・お仕事

tb: 0   cm: 0

このページの一番上へ移動する

理論の暗記 試行錯誤中 

 

 試験日程が発表されましたね。
いよいよゴールが見えてきた感覚を覚えましたが、
皆さんはいかがでしょうか。

 簿記論以外の科目を受験する方は
(私もその一人です)
文章の暗記にも努めていらっしゃることと思います。
具体的には、どのような方法で行っていますか?

●動作系

・歩き回る
・ひたすら書く
・目で読む
・音読する
・録音して(暗記CD)耳から聞きまくる

●進め方

・今日はこのページ、明日はこのページ、というように、
 ページ単位で頭から丸暗記を目指す

・まずタイトルだけ覚えていく。本文は後回しで。
・本文を頭からひたすら丸暗記に努める。
・本文の括弧書きをとばして、文章量を減らす。
・主語と述語だけ先に覚えるようにする。
・キーワードだけ先に覚えるようにする。
 (本文は丸暗記せずに、それと同様の結果が得られるようにする)

●ペース管理
・一問覚えたら次の問題に取り組む → その繰り返し
・費やす時間を決めて、その時間だけ暗記に努める
 → 覚えてなくても、時間が来たらやめる
・覚えたものは、翌日、翌々日、一週間後、・・・にも繰り返す。

 人それぞれ適した手段は異なるんですよね。
数回読めば覚えてしまうひとも世の中にはいらっしゃるようで、
そういう人なら悩まないんでしょうけどね。

 私は、昨年までは
・特定の一問を丸暗記するまで読み込む
・かける時間は無制限(完璧に覚えるまで繰り返す)
・達成したら次の問題に取り組む。
・覚えたものは、翌日、翌々日、一週間後に思い出す。
 (以下同様)

 というようにしていました。

 それでどうなったか?



 まあ、予想はつくと思いますが、
そのとおりです。

 覚えたところと覚えていないところが極端に分かれ、
覚えきっていないところを突かれて
不合格でした。

(当たり前ですけどね。カバーする範囲が狭すぎ。)

 今年は、こんな風に進めています。

・まずタイトルだけ全部覚える
・全ての理論につき、最低でも内容※だけは覚える
 (または、同等に再現できるようにキーワードは覚えておく。)
・内容以外の部分はキーワードや主語述語のみを覚えようとする。
・ただし、毎回、すべての箇所を読む。
 (覚えようとするところしか見ないわけではない、ということです。
  覚えていなくてもよいので、目には触れるようにする。)

 ※ 理論マスターでいえば、1(1)の部分、
  各条文でいえば、その第一項相当部分のことです。

 方法は試行錯誤しています。
税理士として活躍中の方に伺っても、
皆さんいろいろ工夫をしていらっしゃいます。

 作業方法だけ聞くと、共通点がないようにも感じますが、
これだけは一緒でした。

 合格者は、
(不合格者が想像している回数を遙かに超える)
回数を繰り返している


 7月いっぱいでほぼ覚えてしまえばいいわけですから、
地道に続けていくことにします。

記事のカテゴリ: 総論

tag: 暗記 
tb: 0   cm: 0

このページの一番上へ移動する

ほんとに復活します 

 

 やっとログインできました。
ログイン情報の管理はしっかりとしておかねばいけません。

管理不行き届きがたたり、
今年初投稿がこんな時期になってしまいました。
もう、実質的に半年くらいお留守にしていたことになるんですね。

 またせっせと更新し続けます。
また新たに再スタートします。

 勉強は続けてますよ。もちろん。
受験をやめたから更新を止めてたわけではありません。

いつのまにやら来週には上級コースも終わります。
計画を練り直して、有意義な連休を過ごし、
直前期を慌てずに乗り切りたいとおもいます。

記事のカテゴリ: 雑談

FC2テーマ: 資格を取ろう! - ジャンル: 就職・お仕事

tb: 0   cm: 2

このページの一番上へ移動する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。