税理士試験 5科目一発合格を目指す!

 他業界で働きながら5科目合格を目指して受験勉強再開中。平成30年(第68回)の試験で一気に官報合格します。

相続税の申告書の(理論を書く上での)原則と特則 その4 

 

 昨日の続きです。まず、疑問を再度掲載します。

といっても少し問題文(の聞き方)を変えます。

1 何申告書を出す? その根拠法は何?

(1)問題

事例

(前提)相続税法 3条1項2号

 死亡者(被相続人)が生前勤めていた会社から、
相続人に対して支給される死亡退職金は、
相続人が相続により取得した財産であると見なされる。
(つまり、相続税の課税対象となる。)

 その死亡退職金は、
被相続人の死亡後三年以内に支給が確定したもの
であれば課税対象になる。

(疑問)

 死亡退職金が被相続人の死亡後10ヶ月を超えて確定し、
相続人がその支給を受けた場合において、
次のそれぞれのときに

  • 提出すべき申告書は何か。
  • 延滞税は課されるか。
  • その法令根拠は何か。
を述べなさい。

  1. その死亡退職金を受ける前は、申告書を出す必要がなかったが、
    その死亡退職金の支給を受けたことにより
    申告義務時生じることとなったとき
  2. もともと期限内申告書を提出していたとき

(2)解答

  1. 国税通則法の期限後申告書を提出することができる。
    延滞税はかからない。
    (法令根拠)
  2. 国税通則法の修正申告書を提出することができる。
    延滞税はかからない。
    (法令根拠)

※ それぞれ法令根拠の5番目はいらないかもしれません。
 設問の事例は、
そこに限定列挙された要件(内容は相続税法32条1項1号~6号
に当てはまらないから

 国通法の規定により申告書を提出できる
 ということを明確にするために入れたものです。

  ただし、理論問題の解答としては、
 上記太字の理由を明記しないと、
 わかっていないのでただ規定を羅列しただけととられかねません。

2 まとめ

(1)通常の場合(期限内申告書)

  • 人が死んで、相続人が財産をもらうと、もらった人に納税義務が成立する
  • 死亡者の財産の合計額が一定額を超えると期限内申告書を提出しなければならない

(2)課税価格や税額が変わった場合(是正手続き)

〔1〕納税者に落ち度がある場合
  ~ 納税者の都合により次のことがあった場合 ~

国税通則法の「○○申告」または「更正の請求」(の原則)の適用がある

  • 出すべき期限内申告書を出していなかったとき

    期限後申告書を提出できる

  • 申告書は提出していたが、
    1. 計算ミスなどで税額を少なく申告していた

      修正申告書を提出できる。

    2. 計算ミスなどで税額を多く申告していた

      更正の請求をして還付してもらうことができる。

〔2〕納税者に落ち度がない場合
  ~ 他の法律等に従った結果、やむを得ず次のことがあった場合 ~

相続税法の「○○申告」または「更正の請求」の特則の適用がある
 ※ 具体的な要件は、相続税法32条1項限定列挙されている。

  • 新たに期限内申告書を出すべきことになったとき

    期限後申告書を提出できる

  • 期限内申告書は提出していたが、
    1. 計算ミスなどで税額を少なく申告していた

      修正申告書を提出できる。

    2. 計算ミスなどで税額を多く申告していた

      更正の請求をして還付してもらうことができる。

3 理論問題対策

 といっても、特別なことはないと思います。
常に、その処理や手続きは何を根拠にしなければいけないのか?
と自問自答することでしょう。

 正直に申し上げて、私は直前期に入るまで、
相続税の申告や是正手続きの整理が曖昧でした。

ここ数日取り上げたことは頭の中で混乱しており、
国通法の規定はいつ書けばいいのか、
税額が増えたらとにかく(相続税法の)修正申告の理論を書いておけばよし、
なんてていたらくでした。

 ましてや
● 生命保険契約に関する権利
● 納税猶予
● 物納、延納
あたりは、もちろん(威張っていうことではありませんが)
理解が甘く、とりあえず最低限の丸暗記でお茶を濁していました。

 やはり、基礎的な概念や仕組みの理解は
どんなに遅くとも、4月まで
(いわゆる直前期が始まる前)
に完成させておかないと、運を天に任せすぎ、
って状態で試験を向かえることになってしまいます。

 今年は期せずして、受験科目はすべて
途中で投げ出さずに一年を通じて習ったことがある
という状態になりました。

 ブログランキング1位を独走するkaterさんを見習って
できることは前倒しして試験対策をしていきます。

 ブロとものpanchan1さんの記事に触発されて
ここ数日申告関係を掘り下げてきました。
おかげさまで、備忘記録にもなり、
もし間違えたことをいってたら、きっと誰かが指摘してくださるでしょうし、
少しは意味のあるものが残せたかなと思います。

 お二人にはこの場を借りてお礼を申し上げます。
ありがとうございました。
これからも更新を楽しみにしています。私も負けずに。

(追伸) ブログランキングに参加しています。
 ↓  よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

記事のカテゴリ: 相続税法

FC2テーマ: 平成26年(第64回)税理士試験受験生集まろう! - ジャンル: 就職・お仕事

tb: 0   cm: 0

このページの一番上へ移動する

この記事にいただいたコメント一覧

 

このページの一番上へ移動する

差し支えなければ、この記事にご意見ご感想をお願いします

 


上のコメントを非表示にしますか?

 ← ご記入後にクリックしてください。ありがとうございました。

このページの一番上へ移動する

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://oyajitaxaccountant.blog.fc2.com/tb.php/110-76d0b190
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このページの一番上へ移動する