税理士試験 5科目一発合格を目指す!

 某会計事務所で働きながら5科目合格を目指して受験勉強中。平成26年(第64回)の試験で一気に5科目をGet予定。(予定は未定)

スポンサーサイト 

 

tb: --   cm: --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事のカテゴリ: スポンサー広告

tb: --   cm: --

このページの一番上へ移動する

なぜ5科目一気? 

 

 私は昨日も申しましたとおり、
来年(平成25年)の試験は5科目受験をすることに決めました。
科目は簿記論、財務諸表論、消費税法、法人税法、相続税法です。

 誰に相談しても

「あほか」
「無理!」
「ばかじゃないの!?」

といわれます。いや、正確には
そうに決まっているから、この決断は誰にも相談していません。

 ま、だからブログを開設してまでここで宣言したんですけどね。

 でも、なんで一気に5科目も受けるの?
確実に1科目ずつではいけないの?

 という疑問もあることでしょう。

 答えは一つです。

 私には時間がない。何年もかけていられない。
最短で5科目合格をそろえるためには次回5科目受けるしかない。

 それだけのことです。必要ならとにかくやらざるを得ないじゃないですか。

 もちろん、大原、TACなどの専門学校も通いましたから
(今年も通いますけど)
この業界の受験生の中で常識とされている考え方は知っていますよ。

・1年1科目ないし2科目
・簿財は同年度でもよいだろう
・税法科目は専念でないと複数科目の受験は無理
・独学(専門学校を全く利用しない)では無理

こんなところではないでしょうか。

 これに異を唱え、真っ向から勝負を挑もうというのですから
2ch的にいえば、
「分母がふえるからいいけどw」
てなもんでしょう。

 でもそれってどうなんでしょう?
本当に複数科目受験は無謀なことなのでしょうか?

 無理といわれているから取り組む人がいないため、
結果として一括合格者が滅多に出ないだけのことではないでしょうか。

 確かに、複数科目を同時並行で取り組むことは
勢力を分散させるので1科目あたりの勉強時間が減ることは明らかです。
1日5時間の勉強時間があるならば
1科目受験ならその科目に5時間かけられるところを
5科目受験なら各科目に1時間ずつしかかけられないわけです。

 だから専念している人でなければ
合格に必要な準備時間を確保することができず、
結果として合格に必要な知識を蓄えることができないから
何年やっても合格するわけがない。

 こういわれるのでしょう。

 しかし、だからといって、

・専念して時間がたっぷりある受験生が必ず合格するわけではないし

・1科目ずつ受ければ必ず合格するわけではないし

・会計士の受験生は複数科目同時受験で同時合格は当たり前のことだし

・東大の受験生は英語、国語、数学、理科か社会2科目を同時に受験するわけだし
(別業界だからちょっと無理があるかな・・・)

はじめから無理と決めつける決定的な理由もないと思うのです。

 そんなわけで、私が体を張ってやってみます。

 ただ、真面目にコツコツなんていうあいまいな取り組み方では撃沈するはずですので
勉強の進め方も綿密に計算して取り組む必要があると思っています。

 それについて具体的にどうするかは次回にまわします。
関連記事
スポンサーサイト

記事のカテゴリ: 総論

tb: 0   cm: 0

このページの一番上へ移動する

この記事にいただいたコメント一覧

 

このページの一番上へ移動する

差し支えなければ、この記事にご意見ご感想をお願いします

 


上のコメントを非表示にしますか?

 ← ご記入後にクリックしてください。ありがとうございました。

このページの一番上へ移動する

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://oyajitaxaccountant.blog.fc2.com/tb.php/2-88f5b90d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このページの一番上へ移動する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。