税理士試験 5科目一発合格を目指す!

 某会計事務所で働きながら5科目合格を目指して受験勉強中。平成26年(第64回)の試験で一気に5科目をGet予定。(予定は未定)

スポンサーサイト 

 

tb: --   cm: --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事のカテゴリ: スポンサー広告

tb: --   cm: --

このページの一番上へ移動する

No.1テキストの財産評価 公社債 

 

  前回に引き続き、
No.1テキストの財産評価についてまとめます。

1 評価の原則

(評価の原則)

1 財産の評価については、次による。

  • (1) 評価単位
  • 財産の価額は、第2章以下に定める評価単位ごとに評価する。

  • (2) 時価の意義
  • 財産の価額は、時価によるものとし、時価とは、課税時期相続、遺贈若しくは贈与により財産を取得した日若しくは相続税法の規定により相続、遺贈若しくは贈与により取得したものとみなされた財産のその取得の日又は地価税法第2条《定義》第4号に規定する課税時期をいう。以下同じ。)において、それぞれの財産の現況に応じ、不特定多数の当事者間で自由な取引が行われる場合に通常成立すると認められる価額をいい、その価額は、この通達の定めによって評価した価額による

  • (3) 財産の評価
  • 財産の評価に当たっては、その財産の価額に影響を及ぼすべきすべての事情を考慮する

2 公社債

評価について原則的な考え方
  • 死亡時に解約して現金化することを前提に評価する
  • 元本+利息相当額(源泉所得税を考慮)で評価
  • ここまでは預貯金や受益証券と同様。ただし、必ず券面100円あたりの価額を求めてから評価することに注意する
財産評価通達の規定 

(評価単位)

197 公社債の価額は、銘柄の異なるごとに次に掲げる区分に従い、券面額100円当たりの価額に公社債の券面額を100で除した数を乗じて計算した金額によって評価する。
(1) 利付公社債
(2) 割引発行の公社債
(3) 元利均等償還が行われる公社債
(4) 転換社債型新株予約権付社債

このうち、学習したものは(1)、(2)、(4)です。

各論
  • 利付公社債
  • 上場されているものは任意の取引所の最終価格で評価する。

    売買参考統計値が公表される銘柄として選定されたものはその平均値で評価する。

    どちらでもないものは、その公社債の発行価額と源泉所得税相当額控除後の既経過利息の額との合計額によって評価する。

  • 割引発行公社債
  • 上場されているものは任意の取引所の最終価格で評価する。

    売買参考統計値が公表される銘柄として選定されたものはその平均値で評価する。

    どちらでもないものは、その公社債の発行価額に、いわゆる社債発行差金の償却額を加算した金額によって評価する。

  • 転換社債型新株予約権付社債
  • 上場されているものは任意の取引所の最終価格で評価する。

    売買参考統計値が公表される銘柄として選定されたものはその平均値で評価する。

    どちらでもないもののうち、転換社債の発行会社の株式の価額が、その転換社債の転換価格以下である転換社債は、その転換社債の発行価額と源泉所得税相当額控除後の既経過利息の額との合計額によって評価する。



財産評価はこんなもので。
次回は他のテーマで書こうと思います。


関連記事
スポンサーサイト

記事のカテゴリ: 相続税法

FC2テーマ: 資格試験 - ジャンル: 就職・お仕事

tb: 0   cm: 0

このページの一番上へ移動する

この記事にいただいたコメント一覧

 

このページの一番上へ移動する

差し支えなければ、この記事にご意見ご感想をお願いします

 


上のコメントを非表示にしますか?

 ← ご記入後にクリックしてください。ありがとうございました。

このページの一番上へ移動する

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://oyajitaxaccountant.blog.fc2.com/tb.php/43-cfda4424
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このページの一番上へ移動する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。