税理士試験 5科目一発合格を目指す!

 他業界で働きながら5科目合格を目指して受験勉強再開中。平成30年(第68回)の試験で一気に官報合格します。

1回読んでもわからないことは・・・どんどんとばす 

 

 一度読んだり聞いたりしても理解できないとき、
皆さんはどうしていますか?

・立ち止まってわかるまで何度も読む
・わかるまで講師に質問しまくる
・わかるまで関連書籍を手当たり次第にあたる
・わかるまでネットの情報を読み倒す
・とりあえず放置して他のことを学ぶ
・・・・

 私はどちらかというと
「とりあえず放置して他のことを学ぶ」
  けど
「わかるまで講師に質問しまくる」
というようにしていました。

 しかし、今年は
「とりあえず放置して他のことを学ぶ」
  けど
「短時間だけ触れることをわかるまで繰り返す」
という作戦で行こうと思います。

 これはある本の影響です。

速読勉強術 (PHP文庫)速読勉強術 (PHP文庫)
(2010/08/02)
宇都出 雅巳 氏(著)

商品詳細を見る


宇都出 雅巳 氏
東京大学経済学部卒業後、MBAを取得されたコーチングの専門家です。
現在は、本をはじめとする知識との付き合い方(勉強法・読み方)など研究・実践し、人に伝えていらっしゃいます。
著作も多数あります。



新超高速勉強法―「結果」は「速さ」に比例する! (リュウ・ブックス アステ新書) 椋木 修三 氏(著)

できる人の「1秒」記憶術 (成美文庫)できる人の「1秒」記憶術 (成美文庫)
(2012/04/05)
椋木 修三 氏(著)

商品詳細を見る


椋木 修三 氏
能力開発、心身の健康法、リーダーシップ養成、自己暗示法などで、企業や公共団体など年間100を越える研修、講演、メディア出演を行っていらっしゃいます。著作も多数あります。




東大家庭教師が教える頭が良くなる勉強法東大家庭教師が教える頭が良くなる勉強法
(2008/08)
吉永 賢一 氏 (著)

商品詳細を見る


吉永賢一氏
 東大理3に合格後、その体験に基づいた受験指導を通じてそのノウハウを洗練、一般化させ、
多数の難関校に合格者を輩出され続けていらっしゃる
新進気鋭の指導者および勉強法作家です。著作も多数あります。




 どれも某書店で立ち読みしてから実際に購入し、
印を付けながら読んでみました。
4冊(一回転)読むのにざっと10時間ほどかかりましたが、
これらの本から、効率よく記憶をするためこんなことを共通点として学びました。

・わからない箇所で立ち止まらずにとばす
・できるだけ短時間で全体を読み通す
・学ぶ(繰り返す)範囲を絞る
・このサイクルを何度も繰り返す

 昨日の記事でも触れましたが、
必要最低限のことは暗記しておかなければいけないわけです。
ただし、それだけではそれを効率よく(なるべく少ない時間で)実践するためには
具体的にどうすればよいか、という問題が残ります。

 複数の書籍で複数の著者が指摘なさっていることに共通点があり、
それぞれの著者が裏でつながっているような形跡もみられないことから
これらの共通点は、汎用性のある方法論なのではないかと思うのです。

 しかも、著者ご自身やその指導を受けられた方が結果を出しているわけですから、
結果がしばらく出ていない私としては
これらの共通点に頼もしさを感じました。
もちろん、理屈を考えても納得できましたので
今年はこれらを取り入れて取り組んでいこうと思ったのです。

 来週の相続税開講に向けて、
まずは入門書の目次記憶法から取り組んでみようかな。
関連記事
スポンサーサイト

記事のカテゴリ: 総論

FC2テーマ: 資格取得 - ジャンル: 学校・教育

tb: 0   cm: 0

このページの一番上へ移動する

この記事にいただいたコメント一覧

 

このページの一番上へ移動する

差し支えなければ、この記事にご意見ご感想をお願いします

 


上のコメントを非表示にしますか?

 ← ご記入後にクリックしてください。ありがとうございました。

このページの一番上へ移動する

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://oyajitaxaccountant.blog.fc2.com/tb.php/7-8269a2ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このページの一番上へ移動する