税理士試験 5科目一発合格を目指す!

 他業界で働きながら5科目合格を目指して受験勉強再開中。平成30年(第68回)の試験で一気に官報合格します。

理論の暗記 試行錯誤中 

 

 試験日程が発表されましたね。
いよいよゴールが見えてきた感覚を覚えましたが、
皆さんはいかがでしょうか。

 簿記論以外の科目を受験する方は
(私もその一人です)
文章の暗記にも努めていらっしゃることと思います。
具体的には、どのような方法で行っていますか?

●動作系

・歩き回る
・ひたすら書く
・目で読む
・音読する
・録音して(暗記CD)耳から聞きまくる

●進め方

・今日はこのページ、明日はこのページ、というように、
 ページ単位で頭から丸暗記を目指す

・まずタイトルだけ覚えていく。本文は後回しで。
・本文を頭からひたすら丸暗記に努める。
・本文の括弧書きをとばして、文章量を減らす。
・主語と述語だけ先に覚えるようにする。
・キーワードだけ先に覚えるようにする。
 (本文は丸暗記せずに、それと同様の結果が得られるようにする)

●ペース管理
・一問覚えたら次の問題に取り組む → その繰り返し
・費やす時間を決めて、その時間だけ暗記に努める
 → 覚えてなくても、時間が来たらやめる
・覚えたものは、翌日、翌々日、一週間後、・・・にも繰り返す。

 人それぞれ適した手段は異なるんですよね。
数回読めば覚えてしまうひとも世の中にはいらっしゃるようで、
そういう人なら悩まないんでしょうけどね。

 私は、昨年までは
・特定の一問を丸暗記するまで読み込む
・かける時間は無制限(完璧に覚えるまで繰り返す)
・達成したら次の問題に取り組む。
・覚えたものは、翌日、翌々日、一週間後に思い出す。
 (以下同様)

 というようにしていました。

 それでどうなったか?



 まあ、予想はつくと思いますが、
そのとおりです。

 覚えたところと覚えていないところが極端に分かれ、
覚えきっていないところを突かれて
不合格でした。

(当たり前ですけどね。カバーする範囲が狭すぎ。)

 今年は、こんな風に進めています。

・まずタイトルだけ全部覚える
・全ての理論につき、最低でも内容※だけは覚える
 (または、同等に再現できるようにキーワードは覚えておく。)
・内容以外の部分はキーワードや主語述語のみを覚えようとする。
・ただし、毎回、すべての箇所を読む。
 (覚えようとするところしか見ないわけではない、ということです。
  覚えていなくてもよいので、目には触れるようにする。)

 ※ 理論マスターでいえば、1(1)の部分、
  各条文でいえば、その第一項相当部分のことです。

 方法は試行錯誤しています。
税理士として活躍中の方に伺っても、
皆さんいろいろ工夫をしていらっしゃいます。

 作業方法だけ聞くと、共通点がないようにも感じますが、
これだけは一緒でした。

 合格者は、
(不合格者が想像している回数を遙かに超える)
回数を繰り返している


 7月いっぱいでほぼ覚えてしまえばいいわけですから、
地道に続けていくことにします。
関連記事
スポンサーサイト

記事のカテゴリ: 総論

tag: 暗記 
tb: 0   cm: 0

このページの一番上へ移動する

この記事にいただいたコメント一覧

 

このページの一番上へ移動する

差し支えなければ、この記事にご意見ご感想をお願いします

 


上のコメントを非表示にしますか?

 ← ご記入後にクリックしてください。ありがとうございました。

このページの一番上へ移動する

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://oyajitaxaccountant.blog.fc2.com/tb.php/78-fc75342f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このページの一番上へ移動する