税理士試験 5科目一発合格を目指す!

 某会計事務所で働きながら5科目合格を目指して受験勉強中。平成26年(第64回)の試験で一気に5科目をGet予定。(予定は未定)

スポンサーサイト 

 

tb: --   cm: --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事のカテゴリ: スポンサー広告

tb: --   cm: --

このページの一番上へ移動する

事業承継とは ~ ざっくり 

 

 昨日に引き続き、ざっくりと理解したことをお話しします。

 結果的には、言葉から想像できるとおりのことですね。

 事業承継とは、
「会社の大株主が、子供に、株をあげること」

 これだけです。いや~、なんとシンプル!
これで済めばいいんですけどね。

親「さっさと子供に会社を継がせたい。よし、おまえ、会社を継げ!」
子「じゃあ、株ちょうだい。」
親「よし、わかった。あげる。」

~ピンポ-ン~

税「税務署です。おたくで贈与がありましたね。贈与税いただきま~す!」
親「代替わりするだけなのに、そんなお金を払わなきゃいけないなんて。」
子「じゃあ、やめちゃおうか。」

 これじゃあ、親が生前に子供に会社を継がせたくても、
税負担が大きくて株式を移転できません。
何しろ、財産の移転があれば、必ず贈与税の対象になってしまいますから。

 そこで、その代替わりを経営者の意思に基づいて円滑に進めさせるために
事業を続けるなら、贈与税の納付はしなくていいよ、
相続であっても、相続税は安くしてあげるよ、
という制度を作ったのです。
いわゆる「非上場株式等の納税猶予の特例」の規定です。

 ※ 上場会社の代替わりは、一般には親から子へ
  というわけではありませんからね。
   対象は非上場株式なのです。

 この分野は細かい用語がたくさん出てきます。
実質的に同じことを指すのに、
いちいち言葉が変わるのがややこしい。
もちろん、意味があってのことですから、
なれてしまえばむしろわかりやすいんですけどね。

 納税猶予については、
農地等の納税猶予と似たような仕組みです。

● 相続税にも贈与税にも規定がある
● 贈与税では、移転した株式の価額全体が納税猶予の対象になるが、
  相続税では、移転した株式の価額の8割だけが納税猶予の対象になる
  ※ ただし、移転した株式のうち、一定の部分のみが対象になる
● 贈与税は、事業を続けている間は納税を猶予される
● 贈与があった場合は、贈与者が死亡すると相続税の対象に切り替わる
  (贈与税は免除され、税金計算上は相続により株式を移転したものと考える)
● 事業を継続していることを一定の期間ごとに報告しなければならない。
  (当初5年間は毎年、それ以降は3年ごとに)
● 相続人が死亡すると、猶予されていた相続税は免除される

 今のところ、この程度の理解です。
もう少し復習をして、来週の最後の上級演習に備えます。
 
関連記事
スポンサーサイト

記事のカテゴリ: 相続税法

FC2テーマ: 資格を取ろう! - ジャンル: 就職・お仕事

tb: 0   cm: 2

このページの一番上へ移動する

この記事にいただいたコメント一覧

 

こんにちは

はじめまして。
毎年5科目なんてすごいですね!
気力が人一倍強いんだと思います。
わたしは今回がんばって一科目だけ。簿記でした。

なのにぜんぜんできませんでした(°_°)
たぶんだめです。
どうやったらそんなに強い気持ちで次の年の試験に望めますか?

るみ #SvrgZYV2 | URL | 2013/08/07 23:02 | edit

Re: こんにちは

るみさん

 はじめまして。お越しくださいましてありがとうございます。

 お褒めにあずかりまして光栄です。
たぶん頭のねじが何本か飛んじゃってるんだと思います(笑)

 勉強したり受けたりするだけなら何科目だって簡単なことです。
大学受験では5教科7科目を勉強していたんですし。
人がなんて言おうが、
する、って決めればいいだけですので。

問題は、結果を出すことですけどね。
(試験ではそれが一番大事なんですけど。)

受かったら大々的に自慢して仕事に結びつけようと企んでます
( ̄ー ̄)

> はじめまして。
> 毎年5科目なんてすごいですね!
> 気力が人一倍強いんだと思います。
> わたしは今回がんばって一科目だけ。簿記でした。
>
> なのにぜんぜんできませんでした(°_°)
> たぶんだめです。
> どうやったらそんなに強い気持ちで次の年の試験に望めますか?

おやじ税理士もどき #- | URL | 2013/08/14 14:03 | edit

このページの一番上へ移動する

差し支えなければ、この記事にご意見ご感想をお願いします

 


上のコメントを非表示にしますか?

 ← ご記入後にクリックしてください。ありがとうございました。

このページの一番上へ移動する

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://oyajitaxaccountant.blog.fc2.com/tb.php/80-642963b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このページの一番上へ移動する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。