税理士試験 5科目一発合格を目指す!

 他業界で働きながら5科目合格を目指して受験勉強再開中。平成30年(第68回)の試験で一気に官報合格します。

本当に有効な理論問題対策とは 

 

 今日の話題は、何ら裏付けはありません。妄想です。

 ※ ここでいう妄想とは、試験委員に知り合いはいませんし、
  私は合格科目はまだないので、
  どうすればいいかということについて
  正解を知った上で述べるのではない、
  と意味ことです。

 本当に有効な理論問題対策とは
どういうものなのでしょうか?

 理論マスターを全部覚えてしまえば
それだけでいいのでしょうか?

 もちろん、いわゆる個別問題といわれる
理論マスターの問題文のまま出題された場合は
(いわゆるベタ書きといわれる)
その解答部分をそのまま何のひねりもなく
書き下していけばいいわけです。

 しかし、今の試験はそういう問題はあまり出題されていません。
理論マスターのタイトルどおりの問題は出ないということです。

 ならば、理論問題対策は、

●1 問題文を正確に読み取る練習をする
 (出題者は何を書かせたいのかを推測する)

●2 どう聞かれたら何を書くべきかをあらかじめ紐付け(関連付け)しておく
 (これが本当の試験対策)

●3 書くべき個別の内容をあらかじめ覚えておく
 (本試験の現場で考えながら作文する時間はないので事前に覚えておく)

ということをすべきなのでしょう。

 TACの教材でいえば、
●1は上級答練、直前対策答練
●2は理論ドクター
●3は理論マスター
ということになりましょうか。

 いつまでも●3の段階でヒーヒーいっていると
●2や●1まで手が回らなくなるので、
早い時期に●3をつぶせるように計画を立てることが必要ですね。

関連記事
スポンサーサイト

記事のカテゴリ: 総論

FC2テーマ: 資格を取ろう! - ジャンル: 就職・お仕事

tb: 0   cm: 0

このページの一番上へ移動する

この記事にいただいたコメント一覧

 

このページの一番上へ移動する

差し支えなければ、この記事にご意見ご感想をお願いします

 


上のコメントを非表示にしますか?

 ← ご記入後にクリックしてください。ありがとうございました。

このページの一番上へ移動する

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://oyajitaxaccountant.blog.fc2.com/tb.php/83-cb0ffea0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このページの一番上へ移動する